マイナンバー制度対応のアマノの管理システムのご案内

mynumber1kaitei
mynumber2

来年度以降から施行されるマイナンバー制度への対応はおすみでしょうか?

弊社ではタイムレコーダーで有名なアマノの安全管理システムの取り扱いも行っております。
マイナンバー制度への対応もこのシステムなら安心・安全です。

ご連絡いただければ、メーカーの担当者と共に、無料でお客様先にご訪問させていただきます。
お気軽にご相談ください。
(誠に申し訳ございませんが、茨城県筑西市近隣のお客様に限らせていただきます)

・マイナンバーの概要

マイナンバー制度においては、住民票を有する全ての方に対して、1人1番号のマイナンバーを住所地の市町村長が指定します。

原則として、一度指定されたマイナンバーは生涯変わりません。 各人のマイナンバーを記載した「通知カード」を平成27年10月以降、市区町村から送付しますので、そこでマイナンバーを確認できます。

国の行政機関や地方公共団体などにおいて、マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の分野で利用されることとなります。

民間事業者でも、従業員やその扶養家族のマイナンバーを取得し、給与所得の源泉徴収票や社会保険の被保険者資格取得届などに記載して、行政機関などに提出する必要があります。

マイナンバーは、法律や条例で定められた社会保障、税、災害対策の手続き以外で利用することはできません。

これらの手続きに必要な場合を除き、民間事業者が従業員や顧客などにマイナンバーの提供を求めたり、マイナンバーを含む個人情報を収集し、保管したりすることもできません。

小規模な事業者も、法で定められた社会保障や税などの手続きで、従業員などのマイナンバーを取り扱うことになり、個人情報の保護措置を講じる必要があります。

小規模な事業者は、個人情報保護法の義務の対象外ですが、番号法の義務は規模に関わらず全ての事業者に適用されます。

原則としてマイナンバーを法に定められた利用範囲を超えて利用することはできませんし、特定個人情報(マイナンバーをその内容に含む個人情報[Q5-4]参照)をむやみに提供することもできません。

また、マイナンバーを取り扱う際は、その漏えい、滅失、毀損を防止するなど、マイナンバーの適切な管理のために必要な措置を講じなければなりません。

・罰則各種

mynumberbassokur

上記表のような罰則が定められています。

(参考:マイナンバー社会保障・税番号制度)

ご連絡いただければ、メーカーの担当者と共に、無料でお客様先にご訪問させていただきます。
お気軽にご相談ください。
(誠に申し訳ございませんが、茨城県筑西市近隣のお客様に限らせていただきます)